産後の抜け毛対策.COM

産後の抜け毛は我慢するしかないの?そんなことはありません。正しい対処で産後の抜け毛を予防しよう!

産後のヘアカラーは抜け毛をひどくする?

      2016/01/27

color

relianplus

妊娠中であっても産後であっても、助成であればいつでもオシャレしたいと思うのは当然のことです。

ただでさえストレスが溜まりやすい育児中は、女性としてはお洒落やリフレッシュをかねてヘアカラーなども楽しみたいものです。

しかし、産後すぐの状態でのヘアカラーはお勧めできません。女性の身体は産後ホルモンバランスが崩れやすくなるため、非常にデリケートになります。身体だけではなく、同じトラブルが頭皮にも生じます。

頭皮環境の乱れによる乾燥や、逆に過剰な皮脂の分泌などが起こりえます。このような状態で頭皮に強い刺激を与えるヘアカラー薬液を使用するとどのようになるのでしょうか?

刺激に対して抵抗が弱まっているため、場合によっては痒みや炎症を起こす可能性もあります。そうなると産後の抜け毛は加速してしまいます。健康な若い人であっても、体調を崩しているときにヘアカラーをすると、かぶれたり気分が悪くなったりするものです。産後はできるだけヘアカラーを控えるべきでしょう。

産後の影響で髪の毛が細くなっている状況でカラーリングすることで、髪が切れやすくなったり、酷い枝毛になったりなどのトラブルの可能性もあります。

あなたが考えている以上にカラー薬液の刺激は強いため、デリケートな産後の時期に使うと頭皮と髪に深刻なダメージを与える場合があります。

どうしてもカラーリングを楽しみたい、真っ黒な髪の毛は嫌だというのであれば、頭皮に付かないようにカラーリング薬液を塗布してもらうか、カラーリングに比べ色落ちは早いですがヘアマニキュアをするようにしましょう。

カラーリングでなければダメだと言うのであれば、必ずパッチテストを行いましょう。妊娠前と後では、体質がガラリと変わっている場合があります。万が一アレルギー反応によるアナフィラキシーが起きては大変です。

美容師さんにお願いしてキチンとパッチテストをするようにしましょう。

relianplus

 - 産後のヘアカラー